×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DODA(デューダ)で成長中の企業へ転職する

成長中企業求人検索

DODA,デューダ,成長中,企業,転職,仕事,求人,

DODAでは、成長中の企業の求人情報を検索することが出来ます。

 

検索方法は、DODAのトップページからフリーワード検索で、成長企業などと入れると、DODAが扱っている求人情報の中から、今現在成長している企業からの求人情報を提示します。成長している企業が集められているため、年収1000万円前後を目指した企業もありますが、年収500万円前後の求人情報なども混じって掲載されています。つまり、成長途中の企業もあれば、これから成長しようとし始めている企業の求人も検索されるということです。

 

また、トップページにおいて、DODAが扱っている職種別に分けた求人情報検索コンテンツがありますが、その中に、エグゼクティブという項目があります。エグゼクティブとは、企業で経営の中心にいる重役ということですが、このエグゼクティブという項目での求人情報は、年収1000万円クラスの求人情報を扱っており、年収が目的でエグゼクティブの求人情報を検索する人は勿論ですが、経営の中心を担う人材を募集しているということは、今まさに成長しているという証にもなっています。つまり、エグゼクティブのコンテンツに集められている企業は、成長している企業であるということが言えるでしょう。

 

 

優良企業への転職情報ならDODA


求人の多い職種

成長中の企業における求人情報の中で多い職種は、企画営業、開発、エンジニア、IT、塾講師、配送業、施工管理業務、営業、経理などとなっています。また、Web関連の求人情報も多く掲載されています。

 

こうした求人情報において、募集人員に求められる条件は、ほとんどの場合で、経験です。成長中の企業であることから、企業にとって即戦力となる人材を必要とします。そのため、経験者が歓迎されます。豊富な経験と知識、そして、スキルと実績を持っていることが、成長中の企業への転職には、有利に働きます。

 

しかし、成長し始めている企業にとっては、勿論経験者の実績やスキルなども必要ですが、企業で働く原動力を確保することを最優先にしている企業もあります。よって、必ずしも、経験者でなければならないわけではない求人も存在するのです。こうした求人においては、未経験でも歓迎すると記載されています。また、以前は違う仕事をしていたという、いわば、キャリアチェンジの人でも歓迎するとしている企業もあります。

 

自分が転職するに当たって、どういった目的で転職するのか、転職することによって将来のプランをどうしたいのかを良く検討し、求人情報と照らし合わせながら検索すると良いでしょう。

経理や金融関連

経理や金融関連の職種において、1番必要なスキルは、お金に関する知識です。つまり、会計業務に関する知識が豊富であるほど、仕事をする上で重宝されることになります。また、近年においてで言えば、海外進出や現地法人の立ち上げなどに伴って、会計知識も海外に通じるものでなければなりません。そこで、成長中の企業への転職においては、経理や金融関連の職種で転職する場合に、米国会計基準の経験を求められることがあります。勿論、それに伴う米国公認会計士の資格やMBA、それらをこなすための英語力も必要とされます。更に、特許や商標に関して、特許庁などに対して手続きを行う代理をしたり、鑑定などの事務を行ったりする弁理士の資格を有しているかどうかが求められることもあるということです。

 

また、近年の経理や金融関連の企業においては、M&Aが増えているため、財務スキルが豊富にあり、経営能力を持っていることを必要とされています。

 

そして、銀行や郵便局でも扱われているように、今やどこの経理や金融関連企業においても、保険を売る業務に携わっている企業が多くあります。そのため、保険を売る仕組みを作る人材を必要としているということです。こうした企業アイデアを持っていることも、必要なこととなっています。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


ITや経営関連

ITや経営関連において必要とされることは、資格やスキルは勿論のことですが、それ以上に、出身会社がどこかということが、転職する際には必要になってくるということです。

 

ITや経営関連の企業において求められる人材は、企業の発展に繋がる即戦力と知恵、人脈です。そのため、こうした職種においては、他社で育った経験や人脈を持っている人ほど歓迎されます。つまり、ITや経営関連の企業では、転職によって人材を探し、自社の成長のカギにするという方法で企業を成長させていることになります。他社で育った深い人脈と、クライアントと対等に話せる能力を持っている人材によって、自社を発展させるのが、この業界の方法ということです。

 

そういった理由から、ITや経営関連においては、40歳を過ぎても採用ニーズが高く、一般的には転職するなら30代までとされている社会において、ITや経営関連業界は特別と言えるでしょう。また、40歳を過ぎてもなお転職が可能となっている理由が、経験や実績という世界ゆえに、出身企業が大手であればあるほど有利となっています。

必要なスキル

成長中の企業へ転職するためのスキルは、職種ごとに違いはありますが、共通して言えることは、過去の実績を持っていること、企業の発展に即戦力として活躍出来るスキルを持ち合わせていることであると言えます。そのためには、ある程度の社会経験を積んでいることが必要になります。

 

そして、形として言えば、どの業界においても、どの職種においても、英語力とOAスキルは持っておくと良いでしょう。グローバル化に伴ったスキル、OA機器で情報を処理している現代におけるスキルは、共通して必要なものとなっています。

 

そして、近年の社会では、成長中の企業のみならず、多くの企業において、与えられた仕事だけでなく、他の仕事もこなせる人材を求めています。そういった人材を採用する傾向にもあります。つまり、凝り固まった仕事内容ではなく、全般になんでもこなせる人材になる必要があると言えます。希望する職種に必要なスキルだけでなく、他の業務にも携われるだけのスキルも持っておくことも必要です。そういったスキルを身に付けるためにも、キャリアやある程度のスキルを持ち合わせていたとしても、向上心を持って、学び続けることも必要であると言えるでしょう。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


転職4

DODA(デューダ)で成長中の企業へ転職するエントリー